クレジットカードから電子マネーへのオートチャージとは?残高不足の心配なし!

■電子マネーとは

 最近は電子マネーが非常に便利ですよね。少し前は電車に乗るときに改札を通るときにしか利用しないイメージでしたが、最近ではコンビニをはじめいろいろなお店で電子マネーを使うことができます。最大の魅力は、その会計の速さでしょう。カードを機械にかざすだけで会計が済んでしまいます。その間わずか数秒です。10秒もかからないのではないでしょうか。さらにはポイントまで貯まる仕様となっていて、1度その便利さを体感すると、もう現金払いには戻れません。

 ですがそんな電子マネーの唯一の欠点ともいうべきところがあります。それはチャージの手間です。当然残高が不足していると、会計をすることはできず、チャージをする必要があります。しかしチャージには専用の機械が必要なことが多く、そのためチャージをすることができる場所が限られてしまいます。しかし、クレジットカードとの組み合わせと使い方次第で、この短所を克服するどころか、長所に変えてしまうこともできます。

■オートチャージとは

 その使い方とは、オートチャージという方法です。これは、あらかじめめクレジットカードを登録しておくことで、電子マネーの残高が一定額以下になった時にクレジットカードから自動的にチャージを行うシステムです。これによって残高が不足するという心配もなくなり、またチャージの手間も省くことができます。

 さらには、チャージに使用したクレジットカード側にもポイントが貯まっていくため、電子マネーの使用分のポイントと合わせると、これだけでもかなりのポイントが貯まっていくことも見逃せません。

■オートチャージが利用できる電子マネー

 残念ながらすべての電子マネーがオートチャージを行うことができるわけではありません。例えば、セブンイレブンなどで使うことができる電子マネーであるnanacoはチャージをするのにセブンイレブンのATMを使う必要があります。

 オートチャージを行うことができる代表的な電子マネーは楽天EdyとSuicaです。どちらのカードも事前にクレジットカードを登録しておくことで、オートチャージを行うことができます。クレジットカードを登録するには、各社のホームページから申請することができます。楽天Edyであれば、さらにスマホからアプリで残高を確認すことができるため非常に便利です。

 すべてのクレジットカードがオートチャージを利用することができる、あるいはオートチャージでポイントが貯まるわけではありません。チャージに利用できるかどうかは、カードの利用規約のところに記載されている、あるいはホームページや電話で問い合わせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です